Detox for tomorrow -チャンスを掴む栄養学 –

管理栄養士
米国NTI認定栄養コンサルタント
ayakoです✨🎃

” チャンスをつかむ ”
このワードを聞いた時、自然に思い浮かんだのは ”身軽な自分 ” でした。

恋や仕事など…ココ!という時に思いっきりジャンプできるイメージ✨ フットワーク軽く行動し、失敗にもめげずに何度もチャレンジを繰り返し、その末にいつか手にできる…というそんなイメージです。

皆さんもそれぞれ、今までの成功体験から連想するイメージがあると思います。
今日は ”チャンスを掴む栄養学 ”
”身軽でいる” ためには、不要なものを排泄する=デトックス
というストーリーです。


IN & OUT はいつもセット

食事では栄養素を摂り入れ、汗や尿・便などから余分なものを排泄します。
呼吸でも同じように、” 吸う” と ”吐く” を繰り返しますね。
このように、「摂り入れること=IN」と「排泄すること=OUT」はいつもセットです。

ではここで実験、Let’s TRY !
「 深い呼吸」を3回繰り返してみてください。

「吸気(吸う呼吸)」と「呼気(吐く呼吸)」
どちらに意識が向いていましたか?

 

おそらく、ほとんどの方が
「吸気(吸う呼吸)」
に意識が向いたかと思います。(私の経験上、ほとんどの方が該当します…ふふ)
実は、「深い呼吸」をするには「呼気(吐く呼吸)」に意識を向けて、「吐ききった」というくらいまでしっかり吐くと、それにより自然に吸うことができるため、ラク〜に、深い呼吸ができるのです。
(深い呼吸、結構大変…でした?よね)

食事も同様、摂り入れること…
「何を食べるか」ということばかりに意識が向いてしまいがちですが、

「ちゃんとでデトックスできてるかな…汗はかいてる?便秘気味じゃない?」
という、排泄すること、にも意識を向けてあげることが大切。


私たちは口から食べ物(飲み物)を摂り入れていますが、” 栄養素 ” として体内に摂り入れる(IN)臓器は
” 腸 ” ですね。
そして、排泄(OUT ) を担っているのも ” 腸 ” なのです

”腸” についてはこちらの記事を…毎日をご機嫌に過ごすための”腸内環境の整え方”


Detox for tomorrow

明日の体のために不要なものをはきだそう
というメッセージがあります。

排泄機能を担う
” 腸の働き
を促すポイントの1つ、リラックスすること= ”副交感神経 ”を優位にしてあげることが大切。先ほどのような「深い呼吸」も有効です。

”腸の環境
を整えるポイント、
栄養素で関係が深いのは、便秘を予防してくれる
” 食物繊維 ”でしょうか。
雑誌など 『デトックス特集』 では ”食物繊維”食材リストが紹介されることが多いですね。なので私からはそのご説明は割愛。

それ以外に推奨するのが…
・良質の油
極端に ” 油抜き ” をする方もいますが、体脂肪を落とす、便の排泄、などには適度な油が必要です。
メイク落としには ”クレンジングオイル ”がありますがら同じ原理であることを覚えておきましょう。
良質の油は、オメガ3を多く含む青魚やくるみ、加熱せずに  亜麻仁油やしそ油、エゴマ油などからの摂取をオススメします。油は ”酸化”が最大の敵なので、戸棚などの遮光環境での保管がマストです。

(亜麻仁油やしそ油、エゴマ油は大さじ1杯 / 日 程度を食事の際にかけましょう)

・マグネシウムとカルシウム
便秘薬の ”マグミット”という病院で処方される薬の原料は、このマグネシウム。
理由は 『 
”筋肉の収縮” に必要な栄養素=腸の動きを促してくれる 』からです✨
天然の ”トランキライザー(精神安定剤)”とも呼ばれ、その他にも偏頭痛にも有効とされている栄養素でもあります。
運動などで汗をよくかく人は補給を忘れずにしたい栄養素、不足により ”足がつりやすく”なることもあります。魚介類、海藻、大豆製品などに豊富ですが、意識しないと中々取りづらい食材に豊富なので注意が必要ですね⚠️

チャンスは自分の中に
INとOUTはセット。 ”不要なものをためないカラダづくり ” は、” 必要なものを摂り入れられるカラダづくり” とセットである…という事です。
『 腸を動かすこと=リラックス 』が必須 であるため、ココロのデトックスも自然にできるようになります。
チャンスを掴むための基盤は ” 自分に意識を向けること ” だと感じます。

 

最後に宣伝です🙄

中目黒・鎌倉 ナッツ専門店 GroovyNuts
Select Nuts Detox Set はそんな想いを込めて監修させていただきました。
オンラインストアからご購入が可能です。ファクトカードメッセージもぜひご覧ください✨

ayako
Instagram
カウンセリングメニュー

毎日のパフォーマンスを支える栄養素

管理栄養士
米国NTI認定栄養コンサルタント
ayakoです*

今回は「食事と栄養素の心得」ゆる〜く基礎編です。
ナッツの関連記事を別の企画にてリリース予定があるのでナッツとからめて✨

今日食べて明日劇的な変化を期待できる、食べ物はない
毎日をより良いコンデイションで過ごすためには、より良い食事や生活習慣…たくさんの要素はありますが、
土台となる食事(栄養素)が重要。
個人差はあるにせよ、1日3回、年間1,000回を超える機会があります。
We are what we eat…有名なことわざですが「私たちは食べたものから作られる」という意味を持ちます。
日々の ” 食習慣” や ” カラダへの意識 ” は未来の自分を作ります。

食事を毎日完璧に…というのも難しい話。上手に自分の生活リズムや生活環境(仕事スタイルなどで止むを得ず外食が多い…など)によって上手にコントロールすることが何より大切。

そんな中でカタチにした商品があります。
以前の記事
でご紹介した、📺「世界の果てまでイッテQ」の登山部ガイドでもある、国際山岳ガイド角谷道弘さん共に監修したTRAIL MIX です✨
TRAIL MIXとは…についてはこちらから ▶︎▶︎▶︎ 


「何を食べたら自分はどの程度のパフォーマンスができるか」
どんな環境においてもを把握したいことです。
少し難しい印象になってしまうと思いますが、
「少し疲れているから、スタミナのあるものを食べよう」とか、
「最近胃腸の調子が悪いから消化の良いものを食べよう」など
そんなイメージで初めは大丈夫です。ストイックになることはありません。

登山でも日々の生活においても、コンデイションを整えるためにも ” 摂りたい栄養素 ” に着目し、商品化しました。(TRAIL MIX は登山中の保存食のようなものなのです)

栄養素にはINとOUTがあるということ
もう1つのポイントですが、食事から補給する( IN )栄養素は認識が容易ですが、体内で消耗(OUT )している栄養素を把握するのは少しハードルがありますよね…
まずは体調により消耗(OUT)している栄養素がある、と認識することが大切。


例えば、メンタル的なアップダウン(モチベーションにも関連)やすぐに疲れてしまう場合は、鉄分やマグネシウムなどのミネラルの消耗が激しい可能性があります。(そもそも摂れずに不足している場合もあります)
汗をよくかく、マラソンやテニスなど足の裏に衝撃をかけることが多い方は、スポーツ貧血の可能性も。
ストレス状態が多い方や糖質過多(穀類、酒、砂糖)はビタミンの消耗が進みます。(ほんの一例です)

栄養素は薬ではないので、即効性はない
大切なことは、自分の体質やその日のコンディションで取るべきものを選べるスキルを得て、日々負担にならないレベルで意識ができること。細かくストイックになるほど栄養素に着目する必要はありません。

これからもそんなスキルを得るためのヒントを発信していきたいと思いますが、今回はせっかくなので、監修した、” いろいろ ” をご紹介♫ (ナッツと絡めていますが)

少しでも良いものを選ぶチカラを得てもらえるように、TRAILMIXにはファクトブックをつけていますので、ぜひご覧下さい✨ 角谷さんのインタビューもぜひ読んでいただきたいです✨自分を把握すること…に関してはやはりプロフェッショナルです✨

TRAILMIX Online Store
商品ページ

また、監修させて頂いたGroovyNuts (中目黒と鎌倉にあるナッツ専門店です)のHPにて、ナッツがベースですが栄養素についての解説をさせて頂いています。(少し前にリニューアルしました✨)
ブログに綴ると長くなってしまうので、HPをご覧ください✨

ayako

Instagram
カウンセリングMENU
コンタクト / お問い合わせ